ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
幼児の歯磨き

幼児の歯磨きはいつから歯磨き粉を使う?


幼児の歯磨きで歯磨き粉をいつから使えるかは、その歯磨き粉によっても変わってきます。

 

大人用の歯磨き粉を使うのは論外ですが、子供用でも安全と言うわけではないので、きちんと成分に対しての理解をしておくべきですし、ゆすぎ(うがい)が必要がどうかも確認してから選ばなくてはいけません。

 

ゆすぎができるようになってから歯磨き粉を使えば良いと言う意見もありますが、早い段階から歯磨き粉を使うメリットもあるので、必要だと判断したら赤ちゃんから使えるものを使っていけば良いのです。

 

赤ちゃんから?と思うかもしれませんが、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

つまり虫歯にならない状態なので、ここから虫歯菌を増やさないようにしていくことが重要なのです。

 

ただ、どんな歯磨き粉でもいいと言うわけではないです。

虫歯予防とはいっても成分によって効果の違いがあり、虫歯菌除去や歯垢除去ができる成分というのがブリス菌なのです。

 

徹底した虫歯菌除去を考えるなら、ブリス菌がポイント!

今虫歯菌除去成分「BLIS M18」の配合されたブリアン歯磨き粉が注目されているのも、子供の虫歯に関して多くの親が関心があるからと言えますよね。

 

「虫歯は親の責任」と言われますが、親が虫歯菌をうつすとなれば親の責任と言われても当然なのです。

だから、幼児の歯磨きで虫歯のリスクを下げることが期待できるうえ、歯の生え始めた赤ちゃんから使用することができて、安全成分と親の欲しかった歯磨き粉『ブリアン』が人気なのも納得ですよね。

※実際にモデルや芸能人親子が使って、ブログやツイッタ―、インスタグラムなどでも紹介していたりします。

 

もともと口の中にいる菌なので、自分も持っていれば問題がないのですが「世界でたった2%」しか持っていません。

そのため、タブレットやブリアンで菌を入れていくしかないのですが、歯磨き粉はブリアンが世界で初めてなので、現在唯一となります。

 

しかも、口の中の細菌バランスが定着するまでの間にしっかり使い続ければ、虫歯になりにくい口内環境が作ることができますし、2~3歳で定着した後でも、6歳頃までしっかり習慣にすれば虫歯のリスクを下げることはできます。

 

役割を考えれば、幼児の歯磨きで使った方がいい!というより、歯が生え始めたら習慣にしたい歯磨き粉と言えますね。

 

⇒ブリアンの歯磨き粉を最安値で購入するには?

 

まとめ

歯磨きをするうえで歯磨き粉を使うなら、年齢と目的にあったものを選びましょう。

キャラクターや値段、味などで歯磨き粉を選ぶのではなく、安心して毎日使える歯磨き粉でなくてはいけません。

 

幼児の歯磨きは、毎日正しく磨けることを習慣にすることがとても大切で、正しく磨けなければ虫歯予防にはならないし、それを邪魔する歯磨き粉ならハッキリ言って使う必要はありません。

 

フッ素も直接的に虫歯菌に効果があるわけではないので勘違いをしないように!

 

虫歯にしたくないというのなら、虫歯菌に感染する前からしっかり虫歯菌除去をして口内環境を整えることで、虫歯になるリスクを下げることができるので「虫歯菌除去」のできるブリス菌に注目して予防対策をしていきましょう。

 

⇒実際ブリアン歯磨き粉で歯磨きに挑戦してみました