ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > BLIS M18以外の乳酸菌で虫歯予防はできないのか
乳酸菌と虫歯予防

BLIS M18以外の乳酸菌で虫歯予防はできないのか


BLIS M18は乳酸菌で虫歯予防などの効果がありますが、ブリス菌以外にも乳酸菌はたくさんあります。

 

そのたくさんの中から虫歯の予防に効果的な乳酸菌はあるのか、それぞれの乳酸菌が虫歯や虫歯菌に対してどんな働きがあるのか、知っているようで知っていないことも。

 

また、どの乳酸菌でも効果があるのか‥など、気になる効果について調べてみました。

 

BLIS M18以外の乳酸菌とその効果

乳酸菌の種類はとても多く、200種類以上あると言われています。

 

乳酸菌と言えばヤクルトやカルピスが思いつくかもしれませんが、明治や森永、キリンや雪印など‥、多くのメーカーが発見していて、それぞれの乳酸菌によって効果が違います。

 

また、大量生産ができる乳酸菌とそうでない乳酸菌があって、大量生産ができないものは限定数があったり、価格が高かったりするので、すべてを比較するのが難しいです。

 

ただ、虫歯や歯周病、口内環境についてなど、決まった効果に限定するなら比較はしやすいです。

 

BLIS M18以外の乳酸菌でも虫歯予防効果があるものはいくつかありますが、気を付けてほしいのが乳酸菌すべてに虫歯予防効果があるわけではないということ。

 

そして、その効果についても調べてみると、いろいろな言い方をされているものがあるので、虫歯菌や虫歯に関してどのような効果があるかをしっかり調べる必要があります。

 

虫歯菌を死滅させる?それとも増殖を抑える?それとも・・・

乳酸菌の種類によって、虫歯菌や虫歯に対しての効果は違います。

 

ブリス菌の場合は、乳酸菌を取り入れることで口内が善玉菌優勢になり、虫歯菌含む悪玉菌が悪さをしなくなるという働きがあって、虫歯菌を直接死滅させると言うわけではありません。

 

他の虫歯菌や虫歯に予防効果の働きがあるものを見て行くと、虫歯菌に対して

・減らす
・働きを抑える
・死滅させる
・繁殖を抑える
・殺菌効果がある

などの働きがあるものもあるので、それぞれどういう効果があるかを摂取前には確認しましょう。

 

気を付けて!成分が良くても効果がいまいちなものも

ブリアンの場合、BLIS M18が乳酸菌として虫歯予防をするのは「歯を磨くこと」ですが、それぞれの乳酸菌によってヨーグルトを食べたり、タブレットを舐めたり、マウスウォッシュとして使ったりなど、使い方が変わってきます。

 

実はココがとても大切なことで、せっかくそのもの自体は良いものだとしても、間違った使い方をしたり、成分を含んでいると効果が半減してしまうことがあるのです。

 

例えば、タブレットは歯磨きあとに舐めますが、ヨーグルトの場合は食べたり飲んだりしたら歯を磨かなくて良いのかどうか、汚れになってしまわないのかを確認しないと虫歯の原因になってしまいます。

 

マウスウォッシュの場合は、殺菌剤や他の成分が使用されていて、せっかくの菌が死滅してしまっているのでは?という製品もあります。

 

使うにあたって、こういう点ははっきりさせておかないと、名前や効果だけで惹かれてしまうと意味のないものになってしまうので注意しましょう。

 

特に小さなお子さんに使う場合には、対象年齢はいくつなのか、注意点なども確認するようにしてくださいね。

 

まとめ

BLIS M18以外の乳酸菌でも予防効果が期待できるものもありますが、かならずどんな効果があるかを確かめる必要があります。

 

また、効果だけではなく、使い方や年齢制限、成分などもしっかり自分で確認をしないと、せっかくの虫歯予防効果がリスクのあるものになってしまうので注意しましょう。

 

腸内フローラや口内フローラが注目されていますが、全ての乳酸菌に同じ効果があるわけではありません。

 

そのため、自分にあった効果のある安全なものを選ぶことが大切です。

 

⇒「ブリアン歯磨き粉最安値KID」TOPへ