ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > 子どもの虫歯は年齢によってなりやすい部位が違う!?
虫歯と年齢

子どもの虫歯は年齢によってなりやすい部位が違う!?


子どもの虫歯はできやすく、進行が早いというデメリットがあります。

毎日の歯磨きが一番重要!と言われますが、実は歯磨きだけでは思うように汚れが取れていないことがあるのです。

 

嫌がって暴れたり、じっとしていられない子どもの歯を磨くのって本当に大変ですが、汚れと言うのは見える部分だけではなく「磨きにくい」「見えない」ところにたまります。

 

しかも、初期の虫歯は親ではわかりにくいので、親が気づく時には虫歯も進行してしまい、当然歯医者に行けば子供も嫌がってしまうのです。

 

そうなれば、子どもにとって歯医者は怖い場所以外なにものでもありません。

 

そうならないために、まずはしっかり歯磨きをしていくことが大切なのですが、年齢によって虫歯になりやすい部位がかわってくるので、その部位をしっかり歯磨きしていくことが大切です。

 

重点的に歯磨きをした方が良い部位と年齢

歯磨きをするうえで気をつけたいのが
・歯と歯の間
・歯と歯茎の境目
・歯の凹凸

 

ここは「三大不潔域」とも言い、どうしても歯ブラシが行き届きにくくて磨き残しがあるので虫歯になりやすいです。

そしてさらに小さなうちは、気をつけたい部位があります。
※歯の本数は個人差があるので「平均年齢」として考えてください。

 

■1~2歳
授乳中に寝てしまうと、上の前歯が虫歯になりやすいと言われています。

 

前歯の虫歯ってイメージがあまりないかもしれませんが、このくらいのお子さんを持つママたちの体験談もたくさんあります。

 

上の前歯の付け根部分は磨きにくいところなので、磨き残しから虫歯になることもあるので、磨けない場合は歯ブラシではなく、拭くタイプを使うのも良いでしょう。

 

またデンタルフロスを使うことで歯と歯の間もキレイにできるし、そのままで寝るのでなく、白湯やお茶で洗い流すようにしてください。

■2~3歳
この時期に磨き残しが多くて虫歯になりやすいのが「奥歯の溝」です。

 

奥歯の深い溝の虫歯予防としてシーラントもありますが、歯医者によっても勧める年齢がちがいますし、削って詰めるので撮れた時に余計に虫歯になりやすいというデメリットもあります。

 

大きく口をあけると余計に奥が見えにくかったり、子供も苦しくなってしまうので小さめに開けて細かく歯ブラシを動かしましょう。

■6歳~
この年齢で気をつけたいのが乳歯の奥に生えてくる臼歯。

 

仕上げ磨きを嫌がったり、やめてしまうことがありますが、実はこれまで通り磨いているだけでは臼歯に歯ブラシが届いていなくて虫歯になってしまうことがあるのです。

 

また歯の生え変わりにも十分注意!

 

乳歯が虫歯になっても永久歯に影響があるし、生えかけの永久歯は虫歯になりやすいので、磨き残しがないようにしっかり丁寧に細かく磨くように心がけてください。

 

鏡を見ながら奥までしっかり磨くことと、やはり仕上げ磨きを継続してしていくようにしましょう。

 

 

<まとめ>

虫歯予防には歯磨きが大切!と言われますが、歯ブラシは60%くらいしか汚れが取れないので、磨き粉残しがあればそれ以下の効果となってしまいます。

 

だから、頑張って歯磨きをしていても虫歯になってしまうのです。

 

まずはきちんと子どもが虫歯になりやすいポイントをきちんと知っておくことが大切なのですが、歯ブラシを使い、細かく丁寧に歯磨きをしたとしてもブラシでは苦手な部分があります。

 

そんな時はデンタルフロスや歯間ブラシを上手に活用しましょう。

 

ただし、隙間がないのに無理やり歯間ブラシを使ってしまうと、歯ぐきを傷つけてしまうこともあるので、歯科医に相談しながらお子さんにあったものを使うことをオススメします。

 

→子ども虫歯予防アイテムはどんなもの?