ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > 虫歯が遺伝するって本当?親が虫歯になりやすいならココに注意!
虫歯遺伝

虫歯が遺伝するって本当?親が虫歯になりやすいならココに注意!


よく「自分が虫歯になりやすいから」とお子さんが虫歯にならないように徹底して頑張っている人がいますよね。

 

でも、結果的に虫歯になってしまったりすると「仕方ないのかな?」とあきらめてしまいそうな気持になることも。

 

・夫婦そろって親が虫歯になりやすいと遺伝する。

・虫歯対策をしても虫歯になる。

 

こんなことって本当にあるのでしょうか。

 

虫歯は子どもに遺伝してしまうのか

 

そもそも歯がないと虫歯にはなりません。

歯の生えていない赤ちゃんは虫歯菌が口の中に入ってしまったとしても、歯がないから虫歯にならないのです。

 

しかも、虫歯は虫歯菌が感染する「感染症」と同じなので、遺伝するかと言えば「しません」

 

でも『虫歯になりやすさ』は遺伝する可能性があります!

 

虫歯になりやすい人と虫歯になりにくい人がいますが、これは歯の質や唾液の量や質によって変わってくるもので、この点に関しては体質が遺伝する可能性があるのです。

 

もちろん、体質が100%遺伝するわけではありません。

例えば、肌質だって乾燥肌だから子供も乾燥肌になるとは限りませんよね?

 

また不安がある場合は前もってしっかり正しいケアをしてあげることができるように、虫歯で遺伝が心配なら徹底した予防をしていくことで虫歯になりにくくすることもできるのです。

 

→ブリアンを大人が使ったらどうなる?

 

遺伝よりも気をつけたい3つの原因

虫歯菌の感染

 

虫歯の遺伝を心配する前に、虫歯になりやすい親の子どもが虫歯になってしまう原因があります。

特に注意してほしいことが3つ。

 

■虫歯菌の感染
先ほども言ったように虫歯菌は感染します。

そのため、虫歯になりやすい親から子どもに虫歯菌が感染するので、いくら子どもが治療をしたとしても虫歯になってしまうのです。

 

それでは、子どもがかわいそうですよね。

 

この悪循環を防ぐためには、やはり親の虫歯菌を減らすことが大切なのです。

 

できることなら感染する前に歯医者に行き、虫歯菌検査や虫歯がないか調べてもらい、虫歯菌を感染させないように心がけましょう。

■歯磨き習慣
大人になっても歯磨きをしない人っていますよね。

親が歯磨きをしないと、子供も歯磨きをしなくなることが多く、結果的に親子で虫歯が多くなってしまいます。

 

虫歯予防で一番大切なのは歯磨きです。

正しく磨くことと、夜にしっかり歯磨きをすれば歯垢が除去でき、虫歯菌が増えるのを抑えることができますので、親子で歯磨きを習慣にしてください。

 

また磨き残しや上手に磨けないというときは、歯医者に行って歯磨き指導をしてもらいましょう。

 

そうすることで、子供の磨き残しを防いで虫歯になりにくくなります。

→歯磨きしても虫歯になるのはどうして?

■食生活
食事だけでなく、甘いものやジュースなどオヤツも気をつけなくてはいけません。

 

子供のうちは自分で買うことがないので、親次第で環境を変えることができるのですが、親が甘いもの好きだと、子供も一緒に食べてしまい、結果的に親子で虫歯になってしまいます。

 

親子で食べるものが同じなので「虫歯になりやすい環境」を作ってしまっているので、それを変えていく必要があります。

 

 

まとめ

虫歯は遺伝しません。

 

でも、虫歯になりやすい親と一緒に生活することで、虫歯になりやくなってしまう可能性は大!です。

 

体質の遺伝は仕方ないとしても、その他の環境によって虫歯予防をすることは充分可能なので、虫歯にしたくないのであれば、親が小さなうちから気を付けてあげることが大切です。

 

また、それだけでなく『親も虫歯予防をする』ことで、子供が虫歯になるリスクを下げることができるので、虫歯になりやすいのであれば体質とあきらめずに、しっかり自分が虫歯予防をしていきましょう。

 

>>虫歯菌除去成分配合!ブリアンの公式サイトはこちら