ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > 本当に大丈夫?ブリアンに副作用はないのか

本当に大丈夫?ブリアンに副作用はないのか


虫歯菌除去専用のブリアンですが「虫歯菌除去」というと強いイメージから不安になったり、副作用を心配する方もいます。ゆすがなくてもOKとは言っても、唾液は出さなければいけないわけだし、歯が生え始めた赤ちゃんに使っても本当に大丈夫なの?と言う不安もあるのではないでしょうか。

特に毎日口にするものに気を付けているなら、こんな風に思って当然です。
ブリアンは『世界で初めて「BLIS M18」を配合した子供用歯磨き粉』ですが、世界初ということで本当に大丈夫?と思うかもしれませんが、歯磨き粉には世界で初めてということで、海外では特許を取得して販売されています。

 

また、もともと体内にある菌だから副作用の心配もないのです。

この説明は公式サイトの中段当たりの「ポイント5」で
殺菌剤・発泡剤・界面活性剤等は当たり前のように使ってない事、
その他、”子供の身体の害になる成分は使ってないこと”を説明してますよ。
 
 
満足率97.2%のブリアン。キャンペーン価格で買えるのは今だけ!
 
→公式サイトはこちらから(返金保証付き)

 

BLIS M18について

「BLIS M18」はニュージーランドで発見された虫歯菌除去用成分で、虫歯菌が口に入ってしまっても虫歯菌(ミースタンス菌)を減らしてくれる効果がある成分(菌)です。

 

もっと簡単に言ってしまうと乳酸菌・善玉菌。

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌と同じ「天然の善玉菌」と同じなので、体にとって良い働きをして、副作用はありません。

 

■BLISはこんな意味があります

B-Bacteriocin(バクテリオシン)
L-like(のような)
I-Inhibitory(抑制)
S-Substances(物質)

 

実はこの成分を保有している子どもは全世界で2%しかおらず、世界中で18億人ほどの子どもがいるのに、虫歯の心配がないのはたった3600万人しかいないのです。

 

しかし、その2%でなくても「BLIS M18」を保有することができれば、虫歯菌を防ぐことができるということがわかっています。

 

つまり!
「BLIS M18」配合のブリアンは、一度口に入ってしまった虫歯菌を減らすことができ、虫歯菌のエサになる歯垢(プラーク)も除去してくれるのです。

 

しかも、粒子が細かいので小さい子だと磨きにくい歯の間や奥、歯と歯茎の間の歯垢もしっかりと取り除くことができるのもポイント!

blism18効果

 

歯と歯茎の間や奥を磨こうとすると嫌がるお子さん、多いですよね?

一度イヤだと思うと、仕上げ磨きどころか歯磨きを嫌がってしまうことがありますが、そういうこともないので、歯磨きを嫌がらなくなったという口コミも多いです。

 

また、この「BLIS M18」は、殺菌剤や熱などにとても弱いのが特徴で、殺菌剤や発泡剤、界面活性剤と使うと菌が死んでしまいます。

 

そのため、ブリアン殺菌剤や発泡剤、界面活性剤は使用していませんし、他の歯磨き粉やうがい薬などの併用もNGとなっています。

そもそもブリアンの成分って?

ブリアンの成分はとてもシンプル。

・デキストリン
・エリスリトール
・フルクトオリゴ糖
・乳酸菌
・香料

 

デキストリンというのはデンプン。
エリスリトールは天然の甘味料、オリゴ糖と共に虫歯になる可能性は低いです。

 

また香料も小さな子どもが使っても安心できるものになっているので、余計な成分は配合されていません。

 

まとめ

歯磨き粉を使う時には必ず後ろの成分と使い方(うがいが必要がどうかなど)をチェックすることが大切です。

 

子供用の歯磨き粉として「BLIS M18」が配合されているだけではなく、成分も安心だから歯が生え始めた赤ちゃんでも使えるのも納得です!

 

もともと体内にある成分や安心できる成分なので、飲みこんでしまう年齢(月齢)でも安心して毎日使うことができます。

 

お子さんの歯磨き粉は、ブリアンのように成分が安心で副作用のないものを選んであげましょう。

⇒気になる体験談はこちらから