ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > 虫歯菌が増える時間帯を知ることが虫歯予防には大切!
虫歯菌が増える時間帯

虫歯菌が増える時間帯を知ることが虫歯予防には大切!


効率良く虫歯予防をするのなら、虫歯菌について良く知ることが大切です。

一度感染するとゼロにすることはできませんが、虫歯菌が増える時間帯を知っておくことで増やしにくくすることができます。

 

では、その虫歯菌が増える時間帯とは?

それは「夜」

 

子どもが歯磨きを嫌がったり、時間がなくてしっかり仕上げ磨きをしてあげられない!と言う人も、夜だけは丁寧に時間をかけて歯を磨くことで虫歯菌が繁殖しにくくなります。

 

それでは、なぜ夜に虫歯菌が繁殖するのでしょうか。

 

夜に虫歯菌が増える理由

夜の虫歯菌

 

唾液が分泌されない時間帯が夜。

朝起きて口の中が乾いているのは、唾液が分泌されていないからなのです。

 

 

唾液は虫歯予防にとても大切!と言われますが、洗浄・除菌・抗菌効果があって歯を守ってくれているのです。また、食後は口の中が酸性よりになりますが、それを中性にしたり、再石灰化してくれたりと実はとても働きものです。

なのでガムを噛んだり、積極的に唾液を増やすことが大切ですが、寝ている間はさすがに無理ですよね。

そのため、夜は唾液が分泌されないので虫歯菌が増えてしまうのです。

 

では、その虫歯菌が増えるのを最小限に少なくする方法は?というと「歯磨き」です。

夜の寝る前にしっかり歯磨きをすることで、虫歯菌のエサになる歯垢を落したり、虫歯菌を減らすことができます。

 

気を付けてほしいのは、この時に強力な殺菌剤を使うと良い常駐菌も殺してしまいます。

こうなってしまうと余計に悪玉菌が増えやすい口内環境になり、虫歯菌が増えるので、ブリアン歯磨き粉のような虫歯菌や歯垢を除去するものを使うようにしましょう。

 

夜だけではなく、実は朝も重要!?

 

ここまで聞くと、1日1回夜の歯磨きが重要な気もしますが、夜のうちに虫歯菌が増えるということは朝も大切です。

 

いくら夜に虫歯菌を減らしても、睡眠中に虫歯菌や悪い細菌は増えています。

そのため、お子さんの場合は朝起きて食前の歯磨きが難しい場合もありますが、うがいができる子ならうがいをして、できない子は朝起きたらまずは歯磨きをする習慣を心がけましょう。

 

朝起きたばかりの口の中は汚い菌がいっぱいいます。

だから、先に食事をしてしまうと怖い話ですが汚い菌を食べてしまうことになるのです。

 

寝起きの口が臭い人が多いですが、ニオイどころではなく、肛門より汚いとか10gの便を食べてるとか怖い話がたくさんありますが、これは本当のことです。

 

夜に歯磨きをしても睡眠中に増えるのだから、朝が一番細菌が多いと言うのも納得ですよね。

朝はママにとっては忙しい時間ですが、しっかり仕上げをしなくても良いので、うがいや歯磨きを習慣にしてください。

→子供の歯磨き意欲が変わるってホント?

 

まとめ

虫歯菌が増える時間帯は「夜」

だからこそ、夜寝る前の歯磨きは仕上げ磨きもしっかりとしましょう。

 

そして、それでも夜中のうちに口の中では虫歯菌やその他の細菌が増えているので、朝は汚い状態に。

口内環境をよくするには、朝起きたときにも歯磨きをするように心がけてください。

 

最低でも歯磨きは1日2回!

そして、ママがしっかり仕上げをするのは夜。

 

朝は時間がなければ、お子さんだけでも歯磨きをさせるようにして、自分で磨けない・うがいもできないお子さんはガーゼなどで拭くのも良いでしょう。

 

子供の虫歯ゼロを目指すためにも、虫歯菌を減らすようにしてくださいね。

→歯磨き嫌いのブリアン体験談はこちら