ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > 乳歯の歯並びは虫歯の原因に?主な原因と対策
乳歯の歯並び

乳歯の歯並びは虫歯の原因に?主な原因と対策


歯が生えてくると乳歯の歯並びが気になります。

キレイな歯並びの子をみると、ついつい自分の子の歯が気になってしまう・・・なんてことも。

 

でも、乳歯の歯並びはすきっ歯くらいの方が良くて、キレイな歯並びは逆に後々の永久歯に影響するのです。

 

永久歯は乳歯に比べて大きいですよね?

そのため、小さな乳歯が生えてきた部分に永久歯が生えてくるので、狭い場所に無理やり生えようとすると曲がってしまうため、隙間があるくらい余裕がある方がキレイに生えるのです。

 

では、絶対にすきっぱじゃないといけないの?というとそういうわけではありません。

 

体の成長と共にあごも成長するので、歯の生えるスペースが出来てきます。

だから、大人でもすきっぱがいるわけですが、赤ちゃんのときに隙間が空いていた人すべてがすきっぱになるとも限りません。

 

そもそも歯並びが悪くなるのには2つの原因があります。

 

歯並びが悪くなる2つの原因

 

歯並びが悪くなる原因は
・遺伝(先天的なもの)
・環境(後天的なもの)
親が歯並びが悪いと、子供も悪くなるのでは?と心配する人がいますが、確かに遺伝はあります。

 

あごがでて受け口だったり、出っ歯などはあごの骨の大きさ、骨格が遺伝しているのです。

輪郭が同じ、顔が似ていると言う場合には、あごが小さい・大きいというのも似てくることがあるので、結果的に歯並びが悪くなってしまうというわけです。

 

また、親兄弟や祖父母にも歯並びが悪い人がいなくても、毎日の生活で歯並びが悪くなることがあります。

 

食べものを食べる時の舌や筋肉の使い方は歯並びに影響を与えるので、良く噛んで上手に舌を使えるように食事で気を付けましょう。

 

 

この他にも日頃のクセ。

片方に偏る頬づえや寝方は骨格が歪むし、おしゃぶりや指しゃぶりは乳歯が動いてしまうので注意してください。

 

 

歯並びが気になる場合には、まずは後天的な原因があればそれをやめること!

 

そして先天的を含め、歯並びが気になるのであれば、歯科検診で相談するようにしてくださいね。

 

乳歯の歯並びと虫歯の関係に気をつけよう

乳歯の歯並びと虫歯

 

歯並びが悪いと言っても、すきっぱや隙間が空いているものは虫歯になりにくいです。

 

それよりも問題は隙間が詰まったキレイな歯や生え方が悪くて、歯ブラシでは磨きにくい部分!

歯と歯の間や歯ぐきとの隙間は歯垢がたまりやすく虫歯になりやすいのですが、親が一生懸命歯垢を取り除こうとすると、歯磨き嫌いになってしまうことがありますよね。

 

嫌がられれば当然、ますます磨けなくなってしまいます。

 

そうならないためには、小さなうちから歯磨きを習慣化すること!

 

歯が生え始めるくらいからガーゼで食後の歯磨きをしていけば、虫歯予防にもなるし、違和感なく歯磨きができますが、このときに嫌がったらやめるようにして、無理せず少しずつ進めるようにしてくださいね。

 

また、磨きにくい場所だからこそ歯ブラシを上手に使って動かしたり、歯間ブラシやデンタルフロスを使ったり、歯垢や虫歯菌除去ができるブリアン歯磨き粉を活用しましょう。

 

 

まとめ

 

乳歯の歯並びはすぐにでも治したいと思うかもしれませんが、無理にできるものではありません。
自分がそうだからと不安になってしまわずに、まずは様子を見ながら歯科検診で相談していきましょう。

 

キレイに並んでいる乳歯よりすきっぱのほうが磨きやすくて虫歯になりにくいかもしれませんが、それでもきちんと歯磨きはしなくてはいけません。

 

また、歯の並び方が悪くなったり、曲がってしまわないように、骨格のゆがみやあごの発達に影響があるものはすぐにでもやめて、離乳食では舌を使ったり、しっかり噛めるメニューを月齢に合わせて取り入れていきましょう。

 

永久歯が虫歯になりやすい環境を作らないためにも、乳歯のうちから歯並びに気を付けてくださいね。

 

→歯が生え始めたら虫歯予防をスタート!