ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > 赤ちゃんの歯が生えてくるときは「歯ぐき」にも注意しよう
赤ちゃん 歯ぐき

赤ちゃんの歯が生えてくるときは「歯ぐき」にも注意しよう


赤ちゃんの歯が生えてくるときに、気をつけたいのが「歯ぐき」

 

歯ばかりを気にする人がいますが、実は歯ぐきも何かある時には腫れたり出血したりと信号を送ります。

 

大人でも歯ぐきに違和感を感じると気になるし、痛みや違和感で食事がしにくくなりますが、口で表現できない赤ちゃんのお口の中は、ママが早いうちに気付いてあげる必要があります。

 

では、赤ちゃんの歯ぐきの出血や腫れは何が原因になるのでしょう。

 

 

赤ちゃんの歯の信号を見逃さないで!

赤ちゃんの歯が生えてくるときにも歯ぐきに変化を感じることがありますが、生えてくる前や生え始めは腫れたり炎症を起こして、不機嫌になってしまうことがあります。

特に気を付けてほしいトラブルの原因が3つ。

1.食べものや歯磨きなど、口に入れるもの

 

食べものが硬かったり、大人でも食べ物でお口の中をケガすることがありますよね。

 

食べものやなんでも口に入れてしまう時期には、歯でかじっていても歯ぐきに当たれば傷つけたり、炎症や出血を起こしてしまいます。

 

また、歯磨きの時に柔らかいブラシで優しく磨いてあげないと歯ぐきを傷つけてしまうことがあるので、生え始めはガーゼを使い、ブリアン歯磨き粉をつけてこすってあげることで虫歯予防ができます。

 

何気ないことで赤ちゃんの歯ぐきは傷ついてしまうことがあるので注意してください。

 

2.虫歯

 

大人でも虫歯で歯ぐきが腫れることがありますよね。

 

乳歯の虫歯は見つけにくいので特に注意が必要で、毎回歯磨きすると出血をするような場合には一度歯医者に相談をすると安心です。

 

歯と歯茎の間に歯垢がたまっていると、歯ぐきが腫れて出血しやすくなるので、小さなうちは歯ブラシが難しいと言う時は、1と同じようにガーゼを使って優しく歯垢を取り除いてください。

 

歯垢をしっかり取り除けるのが一番良いのですが、口腔内の細菌バランスを良くして、虫歯菌が悪さをしないようにしていくことと、できるだけ細かいところまでキレイにできるように小さなときから習慣にしていきましょう。

 

3.その他

 

1のように口の中を傷つけてしまうこともありますが、その傷が原因で口内炎になることがあります。

 

もちろん、そのほかの理由で口内炎になることもありますし、小さくてもヘルペスになることも。

 

この場合は食べたり飲んだりするのを嫌がったり、いつもと違う変化があることも多いので、体調不良が気になる時には早めに病院に相談するようにしましょう。

 

特に小さいうちは脱水症状にもなりやすいので気をつけなくてはいけません。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの歯が生えてくるときには、歯だけではなく歯ぐきもきちんとチェックしてあげてください。

 

神経質になる必要はありませんが、柔らかい歯ブラシを使っても出血や腫れが気になる場合にはガーゼで優しく拭き、それでも炎症が治まらないのであれば、早めに専門家に相談してください。

 

乳歯が良い状態で生えてくるためには大切な歯ぐき。

歯ぐきが健康でないと乳歯もしっかりキレイに生えることができませんし、虫歯になってしまうと永久歯にも悪影響です。

 

歯の生え始めは唾液で洗い流されるとしても、歯垢は取り除かないと虫歯になりやすい環境を作ってしまうので、ブリアン歯磨き粉などで歯石除去&虫歯予防習慣を心がけましょう。

 

→ブリアン歯磨き粉って本当に効果はあるの?