ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談!
ブリアン歯磨き粉を最安値で購入できるキャンペーン情報&体験談! > 赤ちゃんの虫歯は放置しないで!体にも影響が・・・
赤ちゃんと虫歯

赤ちゃんの虫歯は放置しないで!体にも影響が・・・


赤ちゃんが虫歯になったら、放置せずに早めに病院へ行きましょう。

 

目に見えて虫歯とわかるような場合は進行しているので、痛みや体に異変があるかもしれません。

 

高熱が出なくても微熱が続く場合もありますが、赤ちゃんはもともとも体温が高いので不調に気付かずに「機嫌が悪いのかな?」程度で済ませてしまっていると、どんどん悪化していきます。

 

また頭痛などの症状がある場合にも、小さな子どもは訴えることができません。

「痛みがない」と思っているのは大人だけで、実は不機嫌になったり、何かしらの信号を送っていることもあるのです。

 

赤ちゃんや子供に限らず、虫歯を放置することは大変危険で、虫歯が原因で病気になることもあります。

 

虫歯を放置すると○○になる

虫歯は歯だけの問題ではなく、虫歯菌が血液を通して脳や心臓へ流れ込み、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

この他にも、
・骨髄炎
・顎関節症

などの危険性もあります。

 

また炎症が原因で口が開かなくなってしまったりすることも。

骨髄炎も軽度だとしても腫れがひくまでは治療ができなかったり、痛みがひどくなれば肺血症の危険性もあるし、最悪骨を取り除かなくてはいけないなんてこともあるのです。

 

そして最近多いのが顎関節症

子供でも虫歯に気付かないうちに顎が痛くなって、顎関節症になることがあります。

 

虫歯を放置してしまった結果、歯並びが悪くなって顎に負担がかかり、関節症になってしまうため、食事などで口を開けなくなったり、痛みを感じることがあります。

 

これらの症状は「虫歯を治せばおしまい」というわけではなく、虫歯を治療する前に炎症を抑えるために薬が必要になったり、治療や手術が必要になることもあるのです。

 

放置し続けた結果、ガン化して口腔ガンで顔も切除、流動食生活になったと言う人も。
大げさ!と思うかもしれませんが、虫歯も「虫歯菌」です。

風邪などのあらゆる菌もその場でとど回らずに脳で炎症を起こしたりと、悪さをする危険性があります。

 

それらと同じで虫歯を放置するのは危険な行為なのです。

 

特に乳歯の虫歯は永久歯まで影響を与えるので、一生涯歯の悩みを抱えていかなくてはいけなくなることもあるのです。

 

虫歯をどうするかは「歯医者」に判断してもらいましょう

赤ちゃんの虫歯

 

赤ちゃんの虫歯は治療ができるのかも不安ですが、まずどうするかは専門家の歯医者に任せましょう。

 

進行止めで様子をみるのか、治療をするのか、様子を見て対応をしてくれますが、歯医者に行かなければ放置になってしまい、その結果虫歯を悪化させてしまいます。

 

ただ、歯医者さんもそれぞれの考え、治療方法がありますので、もしも納得がいかないときは他の歯医者に行って相談してみるのも良いでしょう。

 

 

また、これ以上虫歯にしないために親が家で正しい虫歯予防をしていくことも大切です。

赤ちゃんの虫歯を放置しないためにも、口の中をしっかり確認できるように仕上げ磨きをすること!

嫌がる場合でも、口の中をきちんと見ることで異変に気づくことができるので、口の中を見る習慣を心がけましょう。

 

まとめ

様子を見てもよくなりません。

 

赤ちゃんに限らず、虫歯は放置は絶対にNG!

 

病気になってしまっては、取り返しがつかなくなってしまうこともあるので、虫歯菌も口の中だけの病気でないことを理解しておきましょう。

 

また、子供の場合は永久歯だけでなく、成長にも大きく関わってきます。

 

『身体の健康のためには歯が健康でなくてはいけない』

 

子供の健康と成長を考え、虫歯予防と虫歯になってしまった時には速やかに歯医者へ行くようにしましょう。

 

⇒歯磨き嫌いの娘のための虫歯予防体験談へ